高血圧改善サポートサイト【血圧下げる】

高血圧とは?

血圧とは、血液が血管の中を通るときに血管にかかる圧力のことをいいます。
血液は、心臓からポンプのように毎分60〜70回ぐらい、血管へと押し出しています。
胸に耳を当てると聞こえる心臓の鼓動や、手首などをさわるとドクンドクンと打っている脈拍で分かりますよね。
心臓が収縮して血液を押し出した瞬間に、血管にいちばん強く圧力がかかる。
これを収縮期血圧(最高血圧)と呼びます。
そして、収縮した後に心臓がひろがる(拡張する)ときには、圧力がいちばん低くなります。
これを拡張期血圧(最低血圧)と呼びます。
収縮期血圧と拡張期血圧のどちらが高くても、高血圧と診断されます。
水道のホースに水を流すとき、水を多くすれば、ホースはぴんと張りつめた状態になります。
これが、高い水圧がホースにかかっている状態です。
また、ホースの途中を押えつけて水を通りにくくすると、水の量は少なくても、そこからうしろのホースはやはり張りつめた状態になります。
これと同じように、血圧も、心臓が送り出す血液の量(心拍出量)と、それを流す血管の通りづらさ(末梢血管の抵抗)とで変わります。

 

 

高血圧が起きる原因はさまざまです。
高血圧の中でもはっきりと原因がわかる場合、二次性高血圧(症候性高血圧)と呼ばれます。
二次性高血圧の患者数は、高血圧全体の患者数の1割ほどです。
日本人の高血圧の大部分は原因が特定できない高血圧で、これは本態性高血圧と呼ばれいます。
どんな検査をしてもはっきりとした原因が見つからない高血圧、つまり二次性高血圧ではない高血圧が本態性高血圧です。

高血圧の症状

高血圧は、自覚症状はほとんどといっていいほどありません。
ほとんどが健康診断で血圧を測ったら高かったとか、たまたま風邪を引いて病院を受診して血圧を測ってもらったら高いと診断されたという方が多いのでしょう。
自覚症状がない高血圧ですが、人によっては診断される直前から肩こりがひどくなったとか、頭痛、めまいを感じる方もいます。
しかしその症状が血圧によるものと気が付かずに病院に診察を受けないケースも多いでしょう。
定期的に血圧を測っていないと、高血圧を発見することは難しく、健康診断をきちんと受けることで早期発見することができます。
しかし、せっかく定期健診で早いうちに分かり、「血圧が高いから、精密検査を受けるように」といわれても、自覚症状がないため病院の受診をしない方もいらっしゃいます。
症状が特にないからと放置すると、血管が硬くなる動脈硬化になったり、のちに虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中などの病気を起こす危険性があります。
日本人には高血圧の人がとても多く、約781万人もの人が治療を受けていると言われています。
身近な病気の分、かえってあまり危険な状態だという意識はないかもしれませんが、症状がほとんどないままに、長年かけて血管をボロボロにしてしまします。
そのため高血圧は「サイレント・キラー」とも呼ばれているそうです。


40万稼ぐサラリーマンが使うFX