高血圧改善サポートサイト【血圧下げる】

かかとトントン体操のやり方

  1. イスに浅く腰掛けます。つま先を床につけたままで、かかとを上げます。
  2. 次に足首を意識しながら、床にギュッと押し付けるように、かかとを落とします。
  3. この動作を片足ずつ交互に、「タン、タン、タン」と4回行います。

    次に両足で「タ、タ、タ、タ、タ、タ、タ、タ、」と8回行います。
    これを繰り返し3セット行います。
    ※音が響くときは、床に座布団やマットを敷きましょう。

  4.  

かかとトントン体操の効果の秘密

人間の体は血液によって骨・関節・筋肉が強く保たれています。
なぜならば、血液は心臓から押し出されて全身を巡って、細胞の隅々まで酸素と栄養を送っているからです。
血液の循環が良ければ、手足などの末梢にまで血液が行き渡り、毛細血管に入って体に必要な酸素や栄養分を運んでくれます。
そして、不要な物資をうけとります。
このやりとりは血液はもちろんのこと、リンパ(体内の老廃物や毒素、余分な水分を運び出す体液)を通じて行っています。

 

血液の循環をよくするのが、かかとトントン体操です。
イスに座って、かかとを「トントン」と床で刺激するだけでいいのです。
それも1日1分程度です。
やり方はとても簡単で手軽に出来ます。

 

かかとに一定の刺激を与えることによって、足首やふくらはぎを動かせるからです。
実はこの足首とふくらはぎを動かすことが、全身の血流を良くしているのです。
体を動かさないでじっとしていると、足に提帯した血液やリンパによってむくみ、肩こり、冷え症などが起こります。
ですから、足を動かすことによって、足の筋肉がポンプとなって、血液循環をよくしてくれます。

 

かかとトントン体操を実行すると、コレステロール値が正常値まで下がったり、高血圧が正常化したなどの効果が出ています。
また、血液循環がよくなって、肩こり・不眠症・便秘のような慢性症状が改善される効果があります。
朝の目覚めがよくなり、疲労回復が早く、とても元気になるのです。
また、血液の流れがよくなると、自律神経の働きが正常になり、めまいや耳鳴り、習慣性頭痛なども改善される効果もあります。

 

とっても簡単に手軽に行えますので、年齢問わず、どなたにでも続けることができますよ。
ぜひ、皆さんもかかとトントン体操をお試しださいね。


40万稼ぐサラリーマンが使うFX