高血圧改善サポートサイト【血圧下げる】

さまざまなタイプの高血圧はネバドロ血液が原因だった!

高血圧になる原因は、冬が寒さであるのに対して、夏はネバドロ血液が原因です。
夏は、血液中の水分が少なくなってしまったり、紫外線の影響からネバドロ血液になりやすいため、心臓に血液を送り出すときにかかる圧力が、サラサラ状態に比べてより必要になり、血圧はどんどん高くなってしまうのです。
血圧が高くなれば、血管にかかる負担も大きくなり、動脈硬化を起こしやすくなりますし、
血管が詰まれば、心筋梗塞、脳梗塞となり、突然死の恐れがあるのです。
血圧が高めだと診断されたら、朝・昼・夜と自分で血圧を測るようにして、自分がどのタイプの高血圧なのか把握しておくことが大切です。

高血圧のタイプ

  
早朝高血圧  
起床後、急に血圧が上がるタイプ。

昼間より早朝や起床時に血圧が高い。
寝ている間は、副交感神経が優位になるので、血圧は低くなります。
起床すると血圧は上がっていきますが、高血圧の人や動脈硬化が進んでいる人は、血圧が一気に上昇します。
前日、食べすぎ・飲みすぎたりしても一気に上昇します。
心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすいので注意が必要です。
このタイプに人は夜間 も高くなっていることがあります。

夜間高血圧
起きているときに比べて、夜眠っている間は10〜20%血圧が低いのが普通ですが、その逆で夜に高くなってしまうのがこのタイプ。

血管が痛みやすいので注意が必要です。

白衣高血圧
普段は高くないのに、病院に行くと上がってしまうタイプ。

緊張やストレスが原因でが、高血圧と誤診されてしまうことも。
家での測定を習慣づけましょう。

災害時高血圧
災害時には被災や集団生活による精神的ストレスが原因。

3月に東日本大震災でもこのようなケースが多くなりました。

ストレス性高血圧
ストレスを受けると交感神経が緊張して、血圧が上がってしまう。

血圧を下げることよりも、ストレスを軽減させることが必要となります。

寒冷期高血圧
寒くなると毛細血管が収縮して、熱を外に逃さないようにすることが、血圧を 高めてしまう。

温かい場所から急に寒いところへ移動するときも注意が必要です。


40万稼ぐサラリーマンが使うFX